緩衝材の代用をする方法

query_builder 2022/01/01
コラム
25

急な荷物の運搬の際に、取り立てて緩衝材を用意する必要はありません。
代用品で衝撃を和らげることが出来ます。
今回は、緩衝材の代用方法について紹介します。

▼緩衝材とは
緩衝材は、物や商品を段ボールなどに詰める時に物同士がぶつかって壊れたりするのを防いでくれるものです。
商品を衝撃から守る大切な役割を持っています。

▼緩衝材に代用できるものは?
緩衝材と言えば、プチプチや発泡スチロールなどといったものがあります。
しかし、手元にない場合は家庭にあるものでも代用が可能です。

■新聞紙やチラシ
新聞紙やチラシは、一枚を適当に丸めてしまえばすぐに使える緩衝材になります。
もう少し細かくしたい場合は、シュレッダーなどにかけて、物の周りに敷き詰めることも出来ます。
しかし、少し注意したいのがインクです。
新聞やチラシのインクは手に付きやすいので、インクが付かないように気を付けましょう。

■タオル
割れ物に使えるのがタオルです。
タオルは、衝撃を和らげてくれるので、物を包むのにも隙間を埋めるのにも適しています。

■ビニール袋
買い物などで余ったビニール袋は、くるっと丸く結べば緩衝材になります。
水にも強いので、袋の緩衝材としても利用できます。
空気を入れてクッションの用に使っても良いでしょう。
但し、空気が抜ける可能性もあるので、しっかり確認しましょう。

■段ボール
余った段ボールの切れ端などは、取っておくと隙間を固定したりする方法でも使えます。
物を入れる箱の大きさに合わせて、調整できるのもいい点です。

▼まとめ
緩衝材がなくても、実は身近なものを代用する事が出来ます。
もし、荷物の破損などを防ぎたいのであれば新聞紙やタオルといった代用品を緩衝材として使うことも可能です。

NEW

  • エンジン

    query_builder 2022/02/10
  • 整備用リフト納品されました♪

    query_builder 2022/02/10
  • フォークリフト納車(新車)

    query_builder 2022/02/02
  • 板金修理のご依頼

    query_builder 2021/09/28
  • 特殊車両『低床ブル』

    query_builder 2021/09/17

CATEGORY

ARCHIVE